【フィリピン移動手段】実際に乗った8つの乗り物と注意点をまとめました

きょーくす
こんにちは!フィリピン大好き!!Kyokz(きょーくす)です!

訪れる国の移動手段について、皆さん調べますよね。
仕事と趣味を兼ねて、フィリピンのいろいろな地域を訪れました。

観光地として有名なセブやフィリピンの首都では、「タクシー」がメインの移動手段です。

しかし、実は地域によっては、タクシーではなく「トライシクル」「ジープニー」「バス」「バン」など様々です。

今回は私がフィリピンで実際に乗った乗り物だけをまとめてみました。

フィリピンにどんな乗り物があるのか、参考にしてみてください。


電車(train)

MRT「Ayala Center」駅

首都メトロマニラには、「LRT(Light Rail Transit)」「MRT(Metro Rail Transit)」「PNR(Philippine National Railways)」という3種類の電車があります。

電車があるのはメトロマニラだけです。

私は、「MRT」に乗りました。

「Ayala Center(アヤラ・センター)」から「Ortigas(オルティガス)」まで5駅で、20ペソと安く、タクシーより時間がかからずいけました。

「MRT」は、マカティやオルティガスなどの主要ビジネス街を通っているため、通勤時には非常に混みます。

注意点にも記載しましたが、もし利用する場合は、スリには十分に気を付けてください。

チケット購入画面【MRTの駅】NORTH – QUEZON – KAMUNING – ARANETA – SANTOLAN ANNAPOLIS – ORTIGAS – SHAW – BONI – GUADALUPE – BUENDA – AYALA – MEGALLANES – TAFT

注意したい点
・通勤ラッシュの時間帯は、電車に乗るのに時間がかかります
・各駅での乗り降りが多く、電車はとても混雑しています。
・スリが多いので、チャック付きのカバンに携帯電話やお財布はしまい、しっかり前で抱えて持ちましょう
・スリに合う可能性が高いので、外国人はあまり利用しません

タクシー(taxi)

フィリピンで一番旅行者が利用するのは、「タクシー」です。

タクシーといえ、フィリピンのタクシーにはいろいろな種類があります。
「白タクシー」「Grab Car」「Grab Taxi」「黄色いタクシー」・・・もっと細かくあるのですが、今回はこの4つにしておきます。

この4つのタクシー料金は、
「白タクシー」

「Grab Car」

「Grab Taxi」

「黄色いタクシー」
の順で高くなります。

そして、フィリピンのタクシー情報を調べると、「ぼったくりにのドライバーに注意!」と書いている記事が多くあります。
以下の点に注意して、タクシーに乗車しましょう!

注意したい点
・大都市といわれるマニラ・セブ・ダバオでは、渋滞がとてもひどくなっています。余裕をもって、目的地に向かいましょう
・Grabといえどもぼったくりドライバー遭遇することがあります
・白タクシーは、追加料金を請求することが多くあります。乗車したら、メーターをしっかり使ってくれているか確認しましょう。使ってくれないようでしたら、その場でおりましょう
・高額紙幣で支払った場合、「おつりがない」と言われる時があります。タクシーに乗車する前に、細かいお金を準備しましょう

Grab(グラブ)

タクシーの中に「Grab(グラブ)」というのがあります。

Grabは、マニラ、セブ、ダバオ、バコロド、イロイロ、バギオ、クラークの地域で使用できるスマートフォンを使ってタクシーを手配できる配車アプリです。

Grabを使うと、今までフィリピンで問題であったぼったくりドライバーの被害にあることもほとんどなく、旅行者も安心して、タクシーに乗ることができます。

目的地までかかる時間と料金もあらかじめ確認することができるので、土地勘がなくても安心して乗ることができます。

「Grab」は、乗車後にお客さんがドライバーさんを評価するシステムがあります。
乗車時に、ドライバーさんの評価を確認して、乗るかどうかを判断するのもいいでしょう。

Grabアプリは必ずダウンロードしておくとフィリピンでとても役立つでしょう!

Grab利用時の注意点
・Grabを利用する場合は、Andoridまたはiphoneなどのスマホに配車アプリをインストールしておく必要があります(無料)
・Grabを使う際にインターネット環境が必要なため、SIMを現地で購入するか、ポケットWi-Fiを使用する必要があります
・Grabを予約した際に、「ドライバーの顔」「名前」「車のナンバー」が表示されます、乗車する際は必ず「車のナンバー」を確認しましょう
・通勤ラッシュアワーの時間帯には、Grabがつまりにくいです(特に雨の場合はさらにつかまりません)
・Grabを利用している際のひったくりに注意しましょう・アプリのGPS(=位置認証システム)はONにしておきましょう
・「Grab Car」は、アプリに表示される料金(確定料金)ですが、「Grab Taxi」はタクシーメーターに表示されている価格に手配料が追加されます
きょーくす
私は、+30~50ペソ(日本円約70~115円)ぐらいの追加料金は、家族に還元してねという思いで、支払います。ラッシュアワーや雨でタクシーがつかまりにくい時は、なおさらです。「ぼったくられた」とイライラするより、ドライバーさんを幸せにできたとポジティブマインドでいたほうが楽しく過ごせますよ。

バス(bus)

運賃がとても安く、決まった金額のみ支払えばよいので、旅慣れている方や英語や現地語が話せる方にはとても利用しやすい乗り物です。

多くのフィリピン人や旅慣れした外国人がバスを利用しています。

私は、マニラからバギオ、クラーク、スービック、カランバなどの長距離バスを際に利用しました。
長距離バスでは、バスターミナルのチケット売り場でチケットを購入する場合と乗車後にチケット売りの人に行き先を伝えてチケット代を支払う方法があります。

バスの中に水・ピーナッツ・チッチャロン(豚の皮を油で揚げたもの)などの売りに来ます。
特にチッチャロンは、日本にはない食べ物ですので、挑戦してみるのも面白いと思います。

長距離バスのチケット(料金103ペソ)

注意したい点
バスの中はとても寒いです。ウルトラダウンジャケットぐらいのものを用意して、サンダルでしたら靴下も準備しましょう
・バスの車内では、スリや盗難にあうこともあります。貴重品管理は自己責任ですので、気を付けましょう
・降車場所がよくわからないようでしたら、車内にいる案内人にここで降ろしてほしいと伝えましょう。親切に教えてくれます。

バン(Van)

ハイエースなどの車を利用した相乗りミニバスで、自分がおりたい場所で降ろしてくれます

公共施設がまだ充実していないため、地方空港から街中へ行く際、バンがあるところが多いです。

私が実際に「バン」を利用したのは、
・バコロド空港から街中のホテルまで
・セブのSMから少し離れた場所に行く際に(GT Expressというバンを利用)
でした。

タクシーに比べて、相乗りなので、料金が安いのがおすすめです。
そしてジープニーと比べて、外気に触れないので、快適です。

もちろんタクシーを利用することも可能ですが、とても高いので、断然バンがオススメです。

注意したい点
・バンの定員一杯になるまで発車しないため、急いでいる方には向いていません
・バンがギューギューになるぐらいお客さんと荷物をのせます
・ドライバーさんの横に座るとスペース的には快適ですが、エアコンが直撃します。

ジープニー(jeepney)

フィリピンを代表するの乗り物「ジプニー」

ジプニーは、比較的どこでも乗降できる(一部出来ないエリアがありますが)という利便性と運賃の安さから庶民の足となっています。

ジープニーが走るルートは、決まっていて、分かるように行き先が車体に書かれています。
細かく書かれていないので、土地勘がない旅行者には、少しハードルが高いかもしれません。

距離によって運賃は異なり、運賃は運転手または車掌さんに支払います。
座席が遠い場合は、お客同士でお金を手渡ししていきます。お金を渡す際には、 「バーヤッド ポ(Bayad po!)」 と言って手渡しします。
支払う時も、お釣りをもらう時も、お客同士でバトンを渡すようにお金を手渡ししていきます。

降りるときは、マニラでは「パーラ ポ(Para po!)」、セブでは「ルガール ラン(Lugar lang!)」といいます。

慣れたルートでしたら、難しさを感じないと思います。
乗る際は、以下の注意点を理解して、利用してみてください

注意したい点
・窓がないため、廃棄ガスが気になると思います。ハンカチなどを持っていくとよいでしょう
・バックは前に抱えてしっかり持ち、スリなどに気を付けましょう
・車内では、高価なアクセサリーやスマートホンをちらつかせるのはやめましょう
・なるべく入口付近に座り、何かがあった時にすぐに逃げられるようにしておくと良いでしょう
・観光客に限らず、スリ・強盗・事故などが多い乗り物でもある点を理解して、利用しましょう

ジープニーの座席

トライシクル(trycile)

トライシクル

ドゥマゲッティでの留学中、学校に行く際に毎日利用していましたトライシクルはバイクの横に席がある乗り物です。

フィリピン人が退職後に一番住みたい「ドゥマゲッティ」ってどんな街?

21/03/2020
バイクの横以外にドライバーさんの後ろに乗ることができます。フィリピンの地域によって、バイクの横の席数は変わります。

私がいたドゥマゲッティはトライシクルがメインの移動手段でした。4人乗れるように作られていました。

同じ方向であったらどんどん相乗りして、降りたいところで「Lugar lang(ルガール ラン)」「Diri lang(ディリ ラン)」と言って降ります。

日本と違い、フィリピンは一年中熱く、ちょっとの距離でも歩かない人が多いいです。
近距離でも気軽に利用できるトライシクルは、慣れている人にはとても便利な乗り物です。

距離によってもちろん運賃が違うのと、観光客に慣れたドライバーさんは結構な金額を請求してきます。
相場をある程度知ってから、乗車しましょう!

使い慣れれば、とても便利です。ドライバーさんの交渉も楽しみながらしてみて下さい。

注意したい点
・乗る前に運賃はいくらか聞きましょう
・人数によって金額異なります。
・英語を話せるドライバーさんが少なく、現地の言葉しか理解できない場合が多いです。身振り手振りで伝えてみましょう

すぐに使える簡単「タガログ語フレーズ」でフィリピン人と仲良くなろう!

04/04/2020

ペディキャブ(Pedicab)

トライシクルにとても似ていますが、一回り小さく自転車の横に荷台がついているのが「ペディキャブ」です。

自転車の速さですので、イントラムロスという観光地で、観光名所をトライシクルで回りました。
結構高い価格でしたが、暑い中汗だくで自転車をこいで、観光名所を案内してくれたので、もっと支払いたくなってしまったぐらいです。

インフラが整っていないフィリピンでは、台風の時は道路が冠水することがあります。
需要と共有でその時は価格もかなり上がりますが、冠水で車もバイクも動かないときに、このペディキャブは大活躍します。

基本的にペディキャブも価格交渉する必要があります。楽しく交渉してみてください。

注意したい点
・乗る前に運賃はいくらか聞きましょう
・天候によってかなり価格が異なります
・トライシクルよりさらに英語を話せるドライバーさんが少なく、現地の言葉しか理解できない場合が多いです

ハバル・ハバル(Habal-Habal)


ハバル・ハバルとは、バイクタクシーです。

運賃は、完全交渉です。基本的にはタクシーよりハバル・ハバルのほうが安いです。
しかし、観光客には相場以上の運賃を請求するのがスタンダードな乗り物なので、必ず交渉しましょう。

タクシーより高い金額でしたらもちろんタクシーを利用したほうがいいです。

私が、ハバル・ハバルを利用するときは、通勤ラッシュで待ち合わせがあり、なかなかタクシーがつかまらないときです。
バイクなので渋滞もすり抜け、短時間で目的地に行くことができます。

しかし、事故があった場合は大けがになり、しかも海外保険の適用がされません。
私は乗ってしまいますが、完全に自己責任となり、あまりお勧めはしません。

ドライバーさんが危ない運転をしているときは、もっとゆっくり走ってなどしっかり伝えましょう。

注意したい点
・乗る前に運賃はいくらか聞きましょう
・観光客には高い運賃を請求することがあります。タクシーより高い場合は、利用をあきらめるなどしましょう。
・海外保険の適用とならないため、事故が起きた場合は完全に自己責任となる旨を理解しておきましょう
・必ずヘルメットはしましょう
・スピードを出す運転手には、ゆっくり走るように伝えましょう

おわりに

いかがでしたか。

フィリピンには様々な乗り物があります。

地域によって、メインとなる移動手段が異なってきます。
フィリピンのどの地域に行くのかが決まったら、どんな乗り物を使うのか下調べしておくとよいでしょう。

交渉する乗り物を利用する際は、現地の人や周りの人に相場を確認し、利用することがポイントです。

フィリピンで楽しく過ごしてもらえれば嬉しいです。

お問い合わせはこちら!