【フィリピン留学前の準備】語学学校の決め方とお申込からご渡航までの流れについて

\LINEでフィリピン留学の相談しませんか?/

“1,000人を超える”フィリピン留学希望者へカウンセリング経験のあるKyokzがお答えします!

「エージェント選びで困っている」
「子供をフィリピン留学させたい」
「フィリピンでの親子留学は、どの語学学校がオススメ?」
「今すぐフィリピン留学したいので、具体的な質問をしたい」

フィリピンが好きだからこそ、“留学を通してフィリピンを知ってほしい”という思いから始めたので、無理なご提案は決してしません。
大手留学エージェントで働いていたからこそわかる、フィリピン留学の良い面も悪い面も全て正直にお伝えします。

弊社でもライン相談を行なっております。お気軽にお問合せください!


語学学校を決めるために最初に行う4つのステップ


留学しようと決めてもまず何をしたらいいかわからないですよね。

留学すると決めたら、まずやっていただきたいことはこの4つです!

ステップ1:留学する理由・目的・目標を考える
ステップ2:留学できる時期・期間を確認する
ステップ3:留学にかけられる予算を決める
ステップ4:留学エージェントに相談する

ステップ1.留学する理由・目的・目標を考える

「なぜ留学をするのか?」
「留学する目的は?」
「留学を終えてどんな自分になっていたいのか?」
の具体的なイメージを描きましょう。

特に留学期間が長い方ほど、途中でモチベーションが低下してしまったり、周りの環境に流されてしまったりすることがよくあります。

お金と時間がかかる留学ですので、「留学する理由・目的・目標」を考え、実りある留学にしましょう。

ステップ2.留学できる時期・期間を確認する

フィリピン留学は月曜日を基準にして1週間単位で留学することができます。
必要な期間は、現在の英語力と目的や目標によって異なるので、一概に言えません。

留学時期と期間に制限のない方は、留学の目的・目標から逆算して必要な期間を確保しましょう。

留学時期と期間に制限のある社会人や学生は、留学できる時期・期間が決まっているため、留学スタートとする時期が決まったら、早めに学校選びを始めると良いでしょう。

特に夏休みは、日本以外の国からもフィリピン留学する方が多く、人気校は6ヶ月前からお部屋の空きがなくなってしまうため、ご注意ください。

ステップ3.留学にかけられる予算を決める

留学にかかる費用を決めるといっても、どのぐらいかかるかなどもわからない場合は、

ステップ1.留学する理由・目的・目標を考える
ステップ2.留学できる時期・期間を確認する

がある程度決まったら、エージェントに相談し、予算を把握しましょう。

ご自身の予算が合わないと計画自体を見直す必要も出てきます。

予算次第では、期間を短くしたり、価格を抑えた語学学校にしたり変更したりする必要があるでしょう。

ただし、安いというだけで語学学校を選ぶと失敗をします。
語学学校を選んだ理由の中に安さ以外のもう一つの理由を見つけましょう。

ステップ4.留学エージェントに相談する

エージェンントに相談しながら、留学へのイメージを具体的にしていくと良いでしょう。

また、留学エージェントを通さず、ご自身で直接語学学校へお問合せする方もいますが、私は留学エージェントをうまく活用することをお勧めします。

理由としては、

・学校へ直接お申し込みする費用とエージェントと通してお申し込みする費用が変わらない
・フィリピンはエリアや語学学校の特徴がさまざまでたくさんの情報から自分に合った学校を選ぶ必要があります。ご自分の希望から語学学校絞ってもらえるため効率的に学校選びができます
・フィリピンの入国条件や留学に際しての注意点など最新の情報が自動的に案内される
・学校と何かトラブルになった際に、エージェントが間に入り交渉してくれる

語学学校へ直接申し込みをする方が良いと思われる方もいますが、エージェントを通した方が最新の情報や効率的な学校選びができます。

弊社でもLINE相談を行なっておりますので、お気軽にお問合せください。

【親子留学】親子様に読んでほしい!フィリピン留学でエージェント選びをする際のポイント6選

13/01/2023

留学手続きの流れ

留学の目的や目標、留学できる時期と期間、留学の予算をもとに語学学校が決まったらお申込みです。

流れ1.弊社へお申込フォームを送信

語学学校が決まったら、弊社の申込フォームに必要事項をご記入いただき、送信ください。

お客様からのお申込内容で語学学校へお部屋の空き状況を確認します。

人気の語学学校への入学をご希望の場合は、7月から8月の夏休み時期、お部屋タイプですと1人部屋は、6ヶ月前ぐらいから具体的に検討することをお勧めします。

流れ2.語学学校へお申込とお部屋の確保

お部屋の空きがありましたら、弊社から語学学校へ正式お申し込みの手続きを行います。

語学学校へお申し込みフォームを送った時点で学校側のキャンセル規定の適用となります。

語学学校への正式お申し込みが完了しましたら、弊社よりお客様へメールにて登録完了のご連絡いたします。

流れ3.弊社よりご請求書及びその他ご案内を送付

日本でお支払いいただく費用のご請求書、フィリピン入国に際しての注意点や学校からの資料をご送付いたします。
記載されている内容に誤りがないかをご確認いただき、お支払いをお願いします。

流れ4.留学費用のお支払い

お支払いは、請求書発行から1週間をお振込期日とさせていただいております。

お支払い口座は、請求書に記載されている弊社口座となります。

弊社にお支払いいただく費用は日本でのお支払い分となりますので、現地到着後学校へお支払いいただく費用もございますので、ご留意ください。
フィリピン到着後、学校へ直接お支払いいただく費用に関しては以下の記事をご参照ください。

フィリピン留学の「現地支払費用」って何?料金体系を徹底解説!ビザ・SSP・ACR-Iカード・ECCとは

15/11/2022

お客様に行なっていただくご準備

学校への登録完了メールを受け取りましたら、ご留学に向けての余裕を持って準備を進めてください。

準備1.パスポートのご用意

フィリピンに入国時点で、パスポートの有効期限が6ヶ月以上残っている必要があります。
お持ちのパスポートを必ずご確認いただき、残存期間が不足している場合はパスポートの更新を行いましょう。

準備2.航空券のお手配

学校へのお申し込み手続きが完了しましたら、「学校への入寮日と退寮日」「フィリピンの到着空港」を記入した請求書お送りしますので、航空券のご準備をお願いします。

ご購入に際して、何かご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

準備3.海外旅行保険の手続き

海外旅行保険とは、「海外で死亡・怪我・事故・賠償責任・携行品損害があったときに補償してくれる保険」のことです。
弊社では、海外旅行保険への加入をお願いしております。

具体的にどのようなものに加入しておくと良いかを見ていきましょう。

治療・救援費用(怪我や病気、ご家族が現地に駆けつける費用)、携行品損害(持ち物の盗難や破損等)、旅行事故緊急費用(航空機の遅延や欠航)は加入しておくと良いでしょう。

治療・救援費用は、加入型の海外旅行保険ですと1,000万円の補償からスタートとなっているところがほとんどです。
フィリピンでは、よっぽどの深刻な状態にならない限りは1,000万円の補償があればよいでしょう。

携行品損害に関しては、カメラや携帯電話などご自身が留学に持っていくものが補償されるように金額を設定してください。

旅行事故緊急費用は、航空機の遅延や欠航、航空会社に預けた手荷物が現地に届かない等、予期せぬ偶然な事故により負担された費用を補償するものです。
LCCなどは、食事や宿泊施設の提供が行われないことが多いため、万が一を考えて加入するのも良いでしょう。

準備4.WEGの申請

WEG申請とは、「15歳未満のお子様が、単独または親の付き添いなしフィリピンに渡航する場合に必要な申請」です。
15歳以上であったり、親御さんと一緒に入国される場合は必要ありません。

フィリピン大使館で事前に申請が必要となりますので、1ヶ月ぐらい前から余裕を持って申請しましょう。

詳細は以下の記事を参考にしてください。

フィリピン大使館

【体験談】10歳の娘が単身でフィリピン留学!フィリピン入国に必要な「WEG申請」を解説

29/01/2020

準備5.eTravelへの登録

「eTravel」とは、フィリピン検疫局(BOQ)に対して健康状態と隔離要件を提出するために必要なウェブ上の登録フォームです。

フィリピンへのフライト出発時刻の72時間前から登録することができます。

以下3点をお手元に準備して、登録を進めましょう。
・フライト情報
・パスポート

登録が完了しましたら、QRコードが表示されますので、携帯電話などに保存し、オフラインの状態であっても提示できるようにしておきましょう。
登録方法など詳しいことは、こちら↓の記事をご覧ください。

【2024.5月最新版】フィリピン入国に必要な「Philippine Travel Information System (eTravel)」と「オンライン税関申告」登録方法

19/10/2022

ご留学へ出発当日

ついに留学出発日です!
パスポート、航空券(Eチケット)、お金、学校のピックアップ資料が手元にあるかを今一度確認し、余裕を持って家を出発しましょう。

出発空港到着

出発空港には遅くとも2時間前に到着し、搭乗手続きを行なってください。

航空会社のチェックインカウンターで、パスポート・航空券(Eチケット)・eTravelを提示し、スーツケースなど大きな荷物を預けましょう。

フィリピン到着

入国手続きを済ませ、預けていた荷物を受け取り、学校との集合場所に向かいましょう。

万が一学校スタッフと会えなかった場合、学校のピックアップ資料に記載されている緊急連絡先へ連絡してください。

まとめ

留学をしようと思ったらまずは、4つのステップをもとに具体的に検討を進めましょう。
ステップ1:留学する理由・目的・目標を考える
ステップ2:留学できる時期・期間を確認する
ステップ3:留学にかけられる予算を決める
ステップ4:留学エージェントに相談する

そして、お申込み手続きを行なったら、ご自身でご準備いただくことをおこなってください。
準備1:パスポートのご用意
準備2:航空券のお手配
準備3:海外旅行保険の手続き
準備4:WEGの申請
準備5:eTravelへの登録

ご準備をしていく中で、ご心配やご不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

\LINEでフィリピン留学の相談しませんか?/

“1,000人を超える”フィリピン留学希望者へカウンセリング経験のあるKyokzがお答えします!

「エージェント選びで困っている」
「子供をフィリピン留学させたい」
「フィリピンでの親子留学は、どの語学学校がオススメ?」
「今すぐフィリピン留学したいので、具体的な質問をしたい」

フィリピンが好きだからこそ、“留学を通してフィリピンを知ってほしい”という思いから始めたので、無理なご提案は決してしません。
大手留学エージェントで働いていたからこそわかる、フィリピン留学の良い面も悪い面も全て正直にお伝えします。

安心してお気軽にLINEで相談くださいね。

お問い合わせはこちら!