喜ばれる!フィリピンのオススメお土産10選を紹介します

きょーくす
こんにちは!フィリピン大好き!!Kyokz(きょーくす)です!

「フィリピンのお土産といえば?」
「フィリピンへ行くけど、お土産どうしよう」
「定番ではない、フィリピンならではのお土産を買いたい」

家族や友達へお土産を買うなら、ある程度情報があった方が、探しやすいですよね。

最近、日本でもドライマンゴーやバナナチップスなど南国ならではのフルーツを使ったものは売っています。フィリピンといえば、フルーツだと思っている方も多いかと思います。
しかし、フィリピンはフルーツだけがお土産ではありません。

そこで、フィリピンへ行くたびに必ず私が買うお土産10個厳選しました♪
かなり個人的な趣味が入ったご紹介になりますが、実際の友人から好評のお土産ですので安心してくださいね。

それではご紹介します!!!


ドライマンゴー(Dry Mango)

フィリピン土産の定番「ドライマンゴー」。スーパーや空港などいろいろなところで売られています。チョコがついたマンゴーやグリーン色の少し甘みが抑えられているドライマンゴーなど10種類以上の種類があるので、お気に入りのドライマンゴーを探してみてください。空港で買うととても高いので、ドライマンゴーが好きで必ず買うという方はスーパーでの購入がオススメです。

ちなみに「7D」という銘柄が肉厚もあり、おいしいので、人気のブランドです。そして少し高級ですが、チョコがついたマンゴーは私のおすすめです。

バナナチップ(Banana Chips)

きょーくす
ドライマンゴーやバナナチップは定番すぎますね。

フィリピンといえば、やはりバナナですよね。日本のバナナの約9割はフィリピン輸入されています。フィリピンではたくさんバナナが獲れるため、料理、スイーツ、調味料(ケチャップ)などにバナナが使われています。

その中でもお土産に最適なのが、バナナチップスです。日本でも時々売られているので、食べたことがある方も多いと思います。

カリカリしていて、ほんのり甘みがあり、日本人の口に合うので、万人受けするお土産です。何を買おうかと迷たら、是非バナナチップスを!!写真にある「JOVY’S」ブランドが私のおすすめです。

オタップ(Otap)

日本ではあまり知られていませんが、このオタップは日本でいう源氏パイのようなお菓子です。源氏パイよりパリパリサクサク感が強い気がします。味は、砂糖をまぶしたシンプルな味付けのオリジナルの他に、ウベ(紫芋)、抹茶、チョコレートなどいろいろあります。フィリピンのどのエリアのスーパーにも売っています。

見た目以上に値段が高く見え、とても軽いので、とてもコスパの良いお土産ですね。ドライマンゴーもバナナチップスももう飽きたという方にはオススメです!!我が家でも子供にも人気の為、フィリピンに行った際は必ず買ってきます。

ポルボロン(Polvoron

フィリピン人ならだれでも知っているフィリピンの伝統的なお菓子「ポルボロン」。日本のお菓子で例えるとちんすこうに似ているお菓子ですが、より粉っぽい感じのお菓子です。口の中の水分を奪われると思う方も多いかもしれませんが、優しい味の素朴なお菓子なので、たまごボーロなどが好きな方には気に入っていただけるかと思います。

ちなみに、ポルボロンとはスペインアンダルシア地方で生まれたショートブレッドで主にクリスマスなどに食べられている伝統的なお菓子で、フィリピンがスペインの植民地であったころに伝わったとされています。

味は、ミルク・カシューナッツ・ウベ(紫芋)・クッキーアンドクリームがあり、同じ味が10個で50ペソ(約110円)で、色々な種類が入ったASSORTED POLVPRON(全部で30個入っているもの)で200ペソ(約440円)です。やや重さもあり、見た目が高そうなので、箱のタイプを買えば立派なお土産として渡せる品です。

ポルボロンは、色々なお店で売っていますが私のオススメはgoldilocksのポルボロンです。食べてみてくださいね^^

駄菓子(Snacks

フィリピンには、数十円から買えるお菓子が沢山あります。小さいサイズにお菓子も沢山あるので、職場や友達へ小分けになったお菓子をお土産にしてみてはいかがでしょうか。

私が好きなお菓子はちなみにこの写真のPillowsというチョコレートのお菓子(Ubeといわれる紫芋の味もあります)です。周りがサクサクで中にチョコが入っており、日本人の口にも合うこと間違いなし。※Pillowsは、10袋で約180円ぐらいです

パンシットカントン(PANCIT CANTON

「Lucky me! パンシットカントン」は私が数十年前にフィリピンに留学していたころからあったインスタントのフィリピン風焼きソバです。焼きそばなので、1つペロッと食べれる量です。

味は、「ORIGINAL 」「KALAMANSI 」「CHILI-MANSI」「SWEET&SPICY」「HOT CHILI」があり、私の一番のお気に入りは、「CHILI-MANSI」!!カラマンシーの柑橘系のさっぱり感と少しのピリ辛で、フィリピン行った際は、6個入りを3パック(1パック6個入り約180円)ぐらい買いだめしてきます。

ココナッツ商品(Coconut products)

ココナッツオイルは、その美容効果&健康効果からスーパーフードと呼ばれ、日本でもブームになりましたよね。
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸で脂肪として蓄積されにくく、たまった脂肪の燃焼を促す働きもあります。またビタミンEが豊富に含まれているため、シワやたるみの原因となる活性酸素を除去してくれるため、美肌を目指すならぜひ積極的に摂りたい成分ですね。

フィリピンはココナッツの輸出量が世界でトップクラス。実は、フィリピンで有名なバナナよりココナッツの輸出量が多いんです。そんなココナッツ大国フィリピンにはココナッツを使った商品が沢山あります。

ココナッツオイル・石鹸・ココナッツシュガー・シャンプーなどのヘア商品・リップクリームetc

健康を意識したお友達には是非ココナッツ関連のお土産はいかがでしょうか。

スターバックス グッズ(STARBUCKS

こちらは、スターバックス好き・フィリピン好きの方に喜ばれるお土産ですね。日本のスターバックスでも日本のマグカップ・タンブラー・水筒などが売っていますが、フィリピンでももちろん限定タンブラーやマグカップが売られています。

私はダバオが大好きなので、ダバオのマグカップを毎日愛用しています。訪問したエリアのすべての地域で作られているわけではありませんが、フィリピンでスターバックスに行った際は是非チェックしてみてください。

価格も1,000円~2,500円ぐらいです。

パパイヤ石鹸(Papaya soup)

美白効果が期待され、フィリピン人の間でも人気が高いパパイヤ石鹸。というのも、フィリピンでは美白であることは、とても羨ましがられ、美白⇒美人と考えられています。「パパイヤ石鹸=美白になる」となるとフィリピン人の間でも人気が高い理由が分かりますよね。

パパイヤから抽出されるパパイン酵素は、ポリフェノールやイソチオシアネートなどの抗酸化物質を豊富に含むため、肌の老化の原因となる活性酵素を除去してくれるアンチエイジング効能が期待できるとされています。肌荒れやシミ、シワなどの肌トラブルの改善・予防にまた、そして菌の繁殖を抑える効果があるので、ニキビに悩む肌にもおすすめです。

こんな話をされると欲しくなりますよね。オレンジ色の石鹸で香りもそこまで強くないので、どの年齢層へのお土産にもおススメです。フィリピンにはたくさんの種類のパパイヤ石鹸があります。私は、フィリピン人の友人からパパイヤ石鹸の王道はやっぱり「LIKAS」ということで私はこの石鹸ばかり購入しています。(価格 約180円/1個)

是非現地で石鹸コーナーへ行ってみてください。LIKAS以外に香りの強い石鹸も多く、体臭が気になる方にも石鹸の香りが残るものもあります。私にとって、フィリピンお土産では石鹸はマストアイテムです。

ホセ・リサール グッズ(Dr.Jose Rizal

写真引用:ウィキペディア(Wikipedia)

フィリピンの国民的英雄のDr.ホセ・リサール グッズ。フィリピンのラグナ州カランバで生まれたDr.ホセ・リサールノことを好きな人が日本にもいるのかもしれないという期待を込めて、マニアックなお土産のご紹介です。

フィリピン人では絶対に知らない人が一人もいないという超国民的英雄です。私もフィリピンに関わり、歴史を通してDr.ホセ・リサールが大好きになりました。
22ヶ国語を習得し、医師の免許も持つというフィリピンの天才ともいわれるDr.ホセ・リサール。スペイン植民地下で従順で且つ苦しむフィリピン人を武力ではなく、彼の著書を通してフィリピン人の考え方を変えることで、フィリピン人の従順過ぎるスペイン支配に対する考え方を変えようとした革命家です。

武力に訴えることで解決しようとしなかったところがとっても魅力的です。

おわりに

いかがでしたか。
フィリピンに行ったらぜひ検討してほしい定番、限定品、マニアックなお土産を10個をご紹介してみました。
フィリピンへ旅行や留学などで行った際に是非チェックしてみてくださいね。

お問い合わせはこちら!
[contact-form-7 404 "Not Found"]